HOME > Q&Aトップ > Q&A

Q&A

キーワード:改修タイプ

1.事業内容

省エネルギー対策

Q
省エネ性について改修タイプの主たる居室の断熱化が必要なタイプBを用いる場合で、LDKが複数個所ある場合は、全てのLDKを断熱化する必要があるか。
A
LDKが複数有る場合、いずれのLDKも開口部の断熱化を行う必要があります。
Q
既に高効率化等設備が設置されており、これを交換する予定はないが、LDKの開口部をリフォームして改修タイプBを満たすような場合、既存の高効率化等設備である給湯器の性能に基準はあるか。
A
高効率化等設備の交換費用を補助対象としない場合には、評価基準の「早見表における改修メニューの仕様例」を満たしていれば支障ありません。